ED

ED治療

ビクアスクリニック - 施術一覧 - ED治療

ED treatmentED治療

EDとは

ED(勃起不全)とは、「勃起機能の低下」を意味する英語Erectile Dysfunctionの略です。
専門的には「満足な性行為を行うのに十分な勃起が得られないか、
または維持できない状態が持続または再発すること」とされています。
つまり、勃起が起こらないケースはもちろんのこと、硬さが不十分、勃起状態が維持できないなど、
満足な性交が行えるだけの勃起が得られない状態は、
いずれもED(勃起不全)となります。
勃起は神経系と血管系が正常に働くことにより起こります。
そのどちらか、あるいは両方に障害が起きることがEDの主な原因と言われています。
EDに悩む方は、現代の日本に約1,100万人、4人に1人がEDの症状に悩んでいるといわれます。

EDの原因

EDは年齢関係なく起こります。EDの起因は個人によって違うのですが、主な原因としては

  • 心理的な原因(ストレスや鬱など心理的ED)
  • 心血管系疾患(糖尿病、高血圧によるED)
  • 生活習慣病(肥満、運動不足、喫煙によるED)
  • 神経系の障害(脳出血・脳腫瘍等によるED)
  • 手術や外傷(前立腺がん・膀胱がんなどの摘出手術により血管や神経を損傷によるED)

などが考えられます。

EDになると

性的刺激によって、神経を介し勃起の信号が送られると、陰茎海綿体の動脈が開いて血液が流れ込みます。海綿体はスポンジのように血液を吸い込んで貯め、膨張して硬くなります。これが勃起した状態です。しかし、生活習慣病や心理的な原因により神経と血管の働きが不十分だと、陰茎海綿体への血液の流れ込み方がたりずにEDが起こります。
糖尿病になると、神経が障害されたり、血管が硬くなることで、性的刺激による血管の拡張が不十分で、血流が抑低下します。
高血圧症では、血圧が高くなると、血管が損傷して硬く狭まります。これによって、ペニスへの血流が低下します。
このように生活習慣病とともにEDの症状が現れることがあります。

ED治療について

ED治療について

当クリニックでは、「バイアグラ」「シアリス」「シルデナフィル」の3つの内服薬を患者さまの状態に合わせてご提案させていただきます。
偽造医薬品に要注意!!
医療機関以外の不正規ルートで入手したED治療薬は、偽造品の可能性が高く、思わぬ健康被害も予想されます。

ED治療薬

治療薬名詳細服用作用特徴料金

バイアグラ

バイアグラ

バイアグラは勃起自体は性的刺激に反応して起こり、血流を改善して勃起を促進します。バイアグラの主成分であるシルデナフィルは勃起を抑制させる酵素の働きを阻害し、陰茎周辺部の血管を拡張、血流量を増加させることにより勃起を促します。性行為
1時間前
5時間・世界知名度1位
現在世界110か国以上で発売されており、バイアグラは世界で証明された安全性のある優れたED治療薬です。
1錠
1,500円

シアリス

現在最もED治療に効果のあるといわれている薬剤です。
シアリス錠の効果は服用から36時間持続するため、性行為の直前に服用する必要はありません。効果のある間、性的な刺激があった時だけ勃起が起こります。シリアスは、食事による影響をあまり受けないため、空腹時、食前、食後のいつでもタイミングを気にすることなく服用することができます。
性行為
1時間前
30~36
時間
・効果の持続が長い
服用後36時間効果が持続します。
・食事の影響を受けない
シアリスは食事をしてから服用しても問題ないです。
1錠
2,000円

シルデナフィル

バイアグラのジェネリック薬です。
ジェネリック薬は先発薬と成分は同じでも、形状や飲みやすさに工夫をしています。ジェネリック薬であるため値段も下がって、使い易さなどの選択肢が増えました。
性行為
1時間前
5時間・バイアグラのジェネリック薬
知名度が高く世界的なシェアのバイアグラのジェネリック品で成分はバイアグラと変わらないため、安心して服用して頂けます。
1錠
1,000円

ED治療でよくある質問

勃起障害であるかどうかの診断は、EDの定義にしたがって行われ、
「満足のいく性行為に十分な勃起を達成できない、もしくは維持できないこと」があればEDといえます。
勃起障害の程度を簡便に評価する専用の問診表を用います。

狭心症治療薬(ニトログリセリンなどの硝酸薬)、抗不整脈薬(アミオダロン塩酸塩)、
肺高血圧症治療薬(リオシグアト)を使っている方は、決して本剤を服用しないでください。以下の方も内服できません。
・心血管系障害のために性行為を医師から不適当と診断された方
・重症肝障害の方
・血圧異常の方(最大血圧が90mmHg未満または最小血圧が50mmHg未満の方
・最大血圧が170mmHg以上または最小血圧が100mmHg以上の方)
・過去6か月以内に脳血管に病気のある方(脳梗塞・脳出血)や心筋梗塞を起こした方
・網膜色素変性症(進行性の夜盲)と診断された方
・今までにED治療薬でアレルギー(過敏症)を起こした方

「気分が悪くなる」「頭痛」「顔が赤くなる(ほてり)」「消化不良」などの副作用があらわれることがあります。
また、光に過敏になる、色が変化して見えるなど、一時的に目に影響のあらわれる方もいます。
長期に服用される場合には、目の検査などについて医師にご相談ください。

ED治療薬で食事を食べた直後に内服すると影響がでる場合があります。
バイアグラの場合、普通の食事をした場合でも薬剤の吸収が遅れ効果が低下することがあります。
シアリスでは、食事の影響がないと報告されています。

ED治療薬とアルコールの相互作用はありませんが、たくさん飲酒した場合は効果が低下するケースをが多いです。
これはEDでない人でもたくさん飲酒したときに性交に失敗する場合と同じことで、
飲酒で大脳の性中枢の興奮が抑制されるためと考えられます。
性的興奮が抑制されればED治療薬を飲んでいても飲んでいなくても勃起するのは困難になります。

当クリニックで扱っているED治療薬は長期間服用しても耐性によって効果が弱くなることはありません。

心因性EDの場合は、何回か薬の力を借りて性交渉への自信を取り戻せば、ED治療薬は要らなくなることがあります。
糖尿病や高血圧などが原因の器質性EDの患者さまの場合は、
服用し続ける必要がありますが、薬によって症状が悪化することはありません。

体調や、精神状態などにより初回服用時には十分な効果が出ない場合もありますが、4~8回くらいの服用で、
初回服用時に比べて効果が向上することが分かっています。
一度試してうまくいかない場合でも、しばらく服用を続けることを検討してください。