TOP > 施術一覧 > 美容皮膚科 > PRPF皮膚再生療法
Skin

PRPF皮膚再生療法

再生医療でしわ・クマ改善

PRPFとは、目の下のクマ、しわ、くぼみ、マリオネットラインに効果的な治療法です。この治療法は、厚生労働省の申請・登録が必要な再生治療に指定されています。
この治療で特徴的なことは、レーザーの照射や薬品を使用するのではなく、ご自身の血液から血小板を取り出し、気になる箇所に再度注入するという点です。
施術する箇所にもよりますが、だいたい10~20c採血し、血液を遠心分離し、血小板の濃縮部分であるPRP(自己多血小板血漿)を使用します。このPRPにbFGF (線維芽細胞成長因子)をごく少量加えたもの をPRPFといい、これを注射することで皮下脂肪が増え得てシワやくぼみが持ち上げり、さらにご自身のコラーゲンが増えるためハリの出たみずみずしい印象を与えるお肌に仕上がります。
ご自身の血液を使用し、治療する再生医療ですので安全性が高いのも特徴です。

再生医療でしわ・クマ改善

4年以上の持続効果

自身の血液の血小板を使用し、肌細胞を再生させ、肌全体の若返りを図る治療になります。
ヒアルロン酸のような即効性はなく、ゆっくりと効果が表れます。しかし、3ヶ月ほどで減少吸収されてしまうヒアルロン酸と比べると、4年以上と長期間肌のハリが持続いたします。
万が一、効果がですぎて膨らみすぎた場合は、早めのボリューム調整が必要になります。

4年以上の持続効果

短時間での施術が可能

採血から麻酔クリームを塗布して施術まで約1時間で完了いたします。
施術後は多少の腫れ、むくみ、内出血を起こすこともありますが、メイクでほとんどわからない程度です。メイクは針をさした箇所以外は当日から可能です。

短時間での施術が可能

国からの認定済み

ビクアスクリニックは再生医療新法に基づき、厚生省関東信越厚生局に第3種再生医療等の届け出をおこない、2019年に受理されました(計画番号PC3190062)。
(2015年11月25日以降は、届け出が受理されないまま再生医療を提供すると法律違反となります。)

PRPFの特徴

施術時間

約1時間(採血、麻酔クリームの時間含む)

メイク

注射した部位は翌日から

シャワー

当日より可

腫れ

個人差あり

痛み

個人差あり

PRPFの料金表

【1部位分】
眉間、上口唇
¥188,000
【2部位分】
目の下、ほうれい線、
マリオネットライン、目の上、
頬、こめかみ
¥248,000
【3部位分】
首、額、手の甲
¥308,000
1部位分追加につき¥60,000
麻酔クリーム(2部位まで)¥2,000
麻酔クリーム(3部位以上)¥3,000

例えば
上口唇(1部位分)+ほうれい線(2部位分)の場合…
上口唇(1部位分)+2部位分
=¥188,000+(2×¥60,000)
=¥308,000

目の下(2部位分)と首(3部位分)の場合…
目の下(2部位分)+3部位分
=¥248,000+(3×¥60,000)
=¥428,000

こんな方におすすめ

・ほうれい線や目の下の窪み、深いしわが気になる方
・再生医療での治療に興味がある方

PRPFについてのよくある質問

ヒアルロン酸とは違い、即効性はなく2~4週間かけてゆっくり効果が表れ始めます。
1か月後でも効果は出ていますが、その後ご自身のコラーゲン生成を促していきますので効果の完成は3~6か月後となります。

痛みに個人差はありますが、そこまで強い痛みではありません。麻酔クリームもご用意しております。

※表示価格は全て税抜です。