TOP > 施術一覧 > 形成外科 > わきが・多汗症
Body Odor

わきが・多汗症

わきが(腋臭症)

わきが(腋臭症)

わきがについては、他人に指摘されるほどの強いニオイを放つ場合と、自分だけが気になる軽い場合とがありますが、どちらも原因は汗腺であるアポクリン腺が多いことです。
思ったほどニオイが取れなかった、汗がおさまらなかったなど施術後にこうした不満が出ないよう、事前のカウンセリングであなたのニオイの状態をしっかり確認します。
形成外科専門医として傷痕にもこだわりをもって治療させていただきます。

わきが(腋臭症)

わきが(腋臭症)の特徴

手術時間

約60分

シャワー

抜糸後より可能

腫れ

強い腫れは3,4日程度(個人差あり)

内出血

1週間程度(個人差あり)

抜糸

1週間後

麻酔

局所麻酔/静脈麻酔

わきが(腋臭症)の料⾦

腋臭症手術保険適応

こんな方におすすめ

・自分のニオイが気になってしかたない方
・腋臭のせいで人づきあいが上手くできない方
・痛みや腫れがなく腋臭を改善したい方

わきが(腋臭症)についてよくある質問

ニオイの原因となるアポクリン腺は思春期以降作られることはないと言われております。
手術では可能な限り取り除きますので、効果は基本的に半永久的なものです。
最終的には手術前の状態よりも50~70%ほど、ニオイが少なくなっている状態に収まることが多いです。

はい、未成年の方でも手術は可能です。アポクリン腺は思春期に機能が活発になると言われております。
制汗剤で抑えられない程度になってきたのでしたら、手術も検討されてもよいかと思います。早い方で12~13歳くらいで治療をすることもあります。
ただし、未成年の場合はご両親の同意が必要です。よくご相談なさってください。

多汗症

多汗ボトックス

ボトックスとは、ボツリヌス毒素(ボツリヌス菌が産生する毒素)から抽出した成分を用いる治療です。
ボツリヌス毒素はその名の通り、毒性の高いものなのですが、ボトックスはそこから毒性を除去しているので、安全に使用できます。皮下にこのボトックスを注射して、交感神経から汗腺への刺激の伝達をブロックすることによって発汗を抑えます。
手足、わきなどに用いられます。
非常によく効く治療法なのですが、ボトックスの効果はずっと持続するわけではなく、効果の持続期間が最大で6ヶ月くらいなので、継続的な治療が必要です。

当クリニックは国内唯一の承認薬であるアラガン社のボトックスビスタを採用しており、講習受講セミナー修了証を取得しております。

多汗ボトックスの特徴

手術時間

約5分

シャワー

当⽇より可能

腫れ

数日(個人差あり)

内出血

数日(個人差あり)

麻酔

ご希望の方に実施

多汗ボトックスの料⾦

ボトックス 多汗(ワキ)¥68,000
ボトックス 多汗(手のひら)¥68,000
ボトックス 多汗(足の裏)¥68,000

わきが・多汗症のホームケア

パースピレックスロールオン(わき用)

独自処方で刺激を抑えた長時間持続の制汗剤
汗腺の開口部に一時的に栓を形成し、汗腺での汗の生産量を抑え、わきを清潔に保たせます。また、他の制汗剤にはない、特許を取得した独自の処方「緩衝」システムで刺激を抑制。敏感肌の方でも快適に使用することができます。
パースピレックスロールオンの詳細はこちら

パースピレックスロールオン(わき用)

パースピレックスロールオン(わき用)の料⾦

容量:25ml¥3,800

パースピレックスローション(手足用)

独自処方で刺激を抑えた 長時間の制汗効果が持続するハンド&フットローション。
汗腺の開口部に一時的に栓を形成し、汗腺での汗の生産量を抑え、手のひらや足を清潔に保たせます。また、他の制汗剤にはない、特許を取得した独自の処方「緩衝」システムで刺激を抑制。敏感肌の方でも快適に使用することができます。(手足用・わき使用不可)
パースピレックスローションの詳細はこちら

パースピレックスローション(手足用)

パースピレックスローション(手足用)の料⾦

容量 100ml¥4,000

※表示価格は全て税抜です。