眼瞼下垂|ビクアスクリニック

その症状は
と呼ばれていて、
保険診療による
手術で改善できます。

片目約23,000円(税抜)
(保険適用3割負担)

眼瞼下垂とは?

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、まぶたを持ち上げる筋肉(上眼瞼挙筋)の力が弱まったり、瞼板に付着するまでの挙筋腱膜が薄くなって緩むことで、十分に目が開かなくなる状態のことです。
まぶたの皮膚のたるみもあると、皮膚が目尻にかぶさり、目つきが悪く、眠そうでぼんやりとした印象に見られがちです。
十分に視野が得られないので、代償として眉毛を挙げるようになるので、おでこにしわが目立ってきます。
眼瞼下垂には、先天性のものと、老人性、外傷性、神経筋疾患によるものや、ハードコンタクトレンズを長期に装用したり、アトピー性皮膚炎などでまぶたをよく擦る、など後天性のものがあります。最近では20~30代の方にも増えてきています。
眼瞼下垂はこんな風に進行します。
  • 軽度
    上まぶたが瞳孔より上位置にある場合
  • 中等度
    上まぶたが瞳孔の中心より上位置にある場合
  • 重度
    上まぶたが瞳孔の中心より下位置にある場合

「戻らない」
「傷跡が目立たない」
「保険が使える」切開法

当クリニックでは、眼瞼下垂の治療に関しては 患者さまの費用負担が少なく(保険適用可)、効果が持続し、 後戻りにくい、切開法をお勧めしています。また、術後3カ月も経過すれば、傷跡も目立ちにくくなります。
眼瞼下垂手術の料金
  • 保険適用の3割負担(両目)
    45,000円(税抜)
  • 保険適用の3割負担(片目)
    23,000円(税抜)

眼瞼下垂治療を行う院長の思い

院長からのメッセージ
長年、大学病院などで形成外科医として顔面外傷から熱傷、先天奇形にわたって技術の研鑽を積んできました。
その中で眼瞼下垂手術などの抗加齢(アンチエイジング)医療に興味を持ち、その後も美容医療として重要な感性や美的センスを徹底して磨き、多くの患者さまのお悩みを解決してきました。これまでの経験を活かし、さらに患者さまに寄り添った医療を提供したいと考え、令和元年に蒲田で開業致しました。
得意分野としては、眼瞼下垂手術から二重手術といった眼瞼(まぶた)の治療から、ヒアルロン酸、ボツリヌストキシン治療などの注入療法、器械を使ったシミ、たるみ治療です。
私は皆さまとの信頼関係を築けるよう、常に患者さまのお悩みにしっかりと向き合い、分かりやすく、丁寧な診療を心がけております。
どんな小さいことでも構いません。お気軽にお越しください。

施術の流れ

  • Step01
    カウンセリング
    カウンセリングでは、仕上がりのご希望を詳しくお伺いしながら、術後のイメージを確認します。施術についてご不明な点・ご不安なことがありましたら、どんなことでもご相談ください。必ず保険証をお持ちください。
  • Step02
    デザイン
    ご希望の二重のラインをデザインします。 まぶたのたるみが多い方は、眉下のラインに沿ってマーキングします。
  • Step03
    麻酔
    眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、まぶたを持ち上げる筋肉(上眼瞼挙筋)の力が弱まったり、瞼板に付着するまでの挙筋腱膜が薄くなって緩むことで、十分に目が開かなくなる状態のことです。まぶたの皮膚のたるみもあると、皮膚が目尻にかぶさり、目つきが悪く、眠そうでぼんやりとした印象に見られがちです。
    十分に視野が得られないので、代償として眉毛を挙げるようになるので、おでこにしわが目立ってきます。
    眼瞼下垂には、先天性のものと、老人性、外傷性、神経筋疾患によるものや、ハードコンタクトレンズを長期に装用したり、アトピー性皮膚炎などでまぶたをよく擦る、など後天性のものがあります。
    最近では20~30代の方にも増えてきています。
  • Step04
    皮膚切除・挙筋前転
    上まぶたを切開した後、眼窩隔膜を切開して挙筋腱膜を露出させ瞼板へ固定します。瞳孔中央、内側、外側の3か所で固定することで左右のバランスを取り、 より確実な効果を得ることが出来ます。最後に目の開き具合を見て、まぶたの形が自然で綺麗に整っていることを 確認して、終了となります。 眉下切開の場合は、たるんだ余分な皮膚を切除して 傷あとが、眉毛の下のラインになるようにきれいに縫合します。
  • Step05
    万全のアフターケア
    手術後に腫れや痛みなど気になることがありましたら、お気軽にご連絡ください。
  • Privacy
    プライバシーにも配慮しています
    当クリニックは完全予約制のため、できる限りお顔を合わせないよう配慮しております。

美容に役立つコラム

  • 目の病気/眼瞼下垂(がんけんかすい)の診断と治療
    こんにちは。ビクアスクリニック院長の伊藤です。 前回のコラムで眼瞼下垂の概要について紹介しましたが、今回は診断と治療方法[...]
  • 目の病気/眼瞼下垂(がんけんかすい)について
    こんにちは。ビクアスクリニック院長の伊藤です。 日常生活でこんなことありませんか? 家族や知人から眠そうだとよく言われる[...]

ビクアスクリニックについて

病院名ビクアスクリニック
所在地〒144-0052 東京都大田区蒲田5-28-2 MCMビル7階
院長伊藤 秀憲
TEL03-6424-7652
診療科目形成外科/美容外科/皮膚科/美容皮膚科

お問合せフォーム

必須お名前

必須ふりがな

必須生年月日

必須性別

必須お電話番号

必須メールアドレス

必須ご予約希望日










必須当クリニックのご利用は

任意診察・ご相談の内容について
記入をお願いします

任意診察・ご相談の内容について記入をお願いします

※20歳未満の方は未成年者同意書(PDF)が必要です。