TOP > 施術一覧 > 美容皮膚科 > しみ
Skin

しみ

Spotしみ

Qスイッチレーザー

しみ

Qスイッチとは、極めて短い時間(ナノ秒)に高いエネルギーをターゲットに照射する装置です。当クリニックが導入しているQスイッチNd:YAGレーザーは、メラニン色素等の特定の色素のみに反応し吸収される性質を持つレーザーです。極めて短い時間(ナノ秒)で瞬間的に深部へ高いエネルギーを与えることができるため、周囲の組織を傷つけることなく、皮膚へのダメージが最小限に抑えられます。
治療目的に応じて2種類の波長(532nm, 1064nm)が設定できるため、浅い色素沈着(しみ・そばかす)から深層のもの(茶あざ、青あざ、黒あざ、刺青など)まで、幅広い治療が可能です。

Qスイッチレーザー/料⾦

Qスイッチレーザー(シミ)3㎜まで¥2,000
Qスイッチレーザー(シミ)5㎜まで¥5,000
Qスイッチレーザー(シミ)10㎜まで¥15,000
Qスイッチレーザー(シミ)15㎜~20㎜¥20,000

Qスイッチレーザーの特徴

施術時間
約10分程度※大きさにより異なります。
痛み
個人差がありますが、輪ゴムではじかれるような痛みがあります。色素が濃いほど痛みは強くなります。
腫れ
照射直後から数日間患部が赤くなり、ヒリヒリとした痛みがあります。
メイク
照射部位は、翌日より可能
シャワー
洗顔・入浴が可能です。

Qスイッチレーザーでよくある質問

照射直後から数日間患部が赤くなり、ヒリヒリとした痛みがあります。
その後1~2日で色素が濃くなり、7~10日で徐々に薄くなります。
やけどや色素沈着を起こすことがあります。
ごくまれに、白抜けすることがあります。

皮膚炎の方、日焼けをしている方・日焼けのご予定のある方、妊娠中・授乳中の方は施術をお断りする場合があります。
施術後は強く擦ったりなどの刺激はお控えください。
紫外線の影響を受けやすくなるため、日焼け止めを塗り紫外線対策を行ってください。

フォトフェイシャル(IPL)

しみ

IPL(Intense Pulsed Light)という複数の波長の光を照射します。この光はメラニン色素やヘモグロビンにダメージを与えると同時に、コラーゲンの再生・増正を促します。しみ、そばかすをはじめ、肌の赤み、小じわやたるみ、毛穴の開き、ニキビ・ニキビ跡など、顔全体の若返り効果があります。
照射時にパチパチとした軽い痛みがありますが、すぐに治ります。
施術は約20分ほどで済み、施術後すぐに洗顔やお化粧ができるのも特長です。
多くの場合、3回以上受けると効果が見えてくる言われています。
個人差がありますが、よりよい効果を得るためには肌サイクルを考えると月に1度の施術をお勧めします。
メラニン色素に光が反応した場合、一時的にしみが濃くなってかさぶた状になる場合がありますが数日後には自然にはがれ落ちて以前よりも色が薄くなりお肌にハリとみずみずしい潤いが戻ってきます。
ただし、しみは紫外線によって再発する恐れがあるため、外出時は日焼け止めを使用するなどUVケアを十分に行って下さい。
cellec Vの詳細はコチラ

フォトフェイシャル(IPL)/料⾦

フォトフェイシャル(IPL)¥25,000

フォトフェイシャル(IPL)の特徴

施術時間
20分程度
痛み
パチパチとした軽い痛み
腫れ
なし
メイク
施術後メイク可能
シャワー
可能です。

フォトフェイシャル(IPL)でよくある質問

妊娠中の方 は施術を受けることができません。
また、以下の場合も医師にご相談ください。
・ヘルペスや乾癬のある方
・ケロイドなど創傷治癒過程に問題のある方
・癲癇(てんかん)の既往歴がある方
・紫外線対策が全くできない方
・基礎疾患のある方 

日焼けを避けて下さい。特に紫外線に注意が必要です。

こんな症状の方におすすめ

しみ・しわ・毛穴・赤ら顔・そばかす・にきび・たるみ・肝斑(かんぱん)


レーザートーニング

しみ

従来のレーザーでは困難とされてきた肝斑に対して、QスイッチNd:YAGレーザーを低出力でシャワーのように照射することで改善させます。当クリニックが導入しているTRI-BEAM PREMIUMにはレーザー治療を安全に照射できる独自の機能を搭載しておりますので効果的に治療を行えます。

レーザートーニングは長い波長を持ち合わせているため、真皮層にまでレーザーが届き、コラーゲンの生成を促します。
また、表在性のしみやくすみ、炎症後色素沈着を少しずつ薄くしていきます。治療回数を重ねる毎に、透明感・ハリ感のあるキメの整った明るい肌へと導きます。肝斑治療の場合はトラネキサム酸の併用療法によりより高い治療効果を出すことができます。

レーザートーニング/料⾦

レーザートーニング¥20,000

レーザートーニングの特徴

施術時間
約15分
痛み
ほとんどなし
腫れ
ほとんどなし(個人差あり)
メイク
当日から可能
シャワー
当日から可能

レーザートーニングでよくある質問

重症肝斑の場合は2週間おきに4,5回ほど照射し、その後月1回の照射になることが多いです。肝斑以外のお肌の若返りには通常月1回の照射をお勧めします。
ただし回数を多く行うと白斑のリスクが出てきますので、肌診断ソフトを使って治療の経過を見ていくことをお勧めします。

痛みはほとんどありません。
レーザー照射時の痛みはほとんど無く、パチパチとはじかれる軽度の刺激がある程度です。
人によっては多少熱感を感じる方がいらっしゃいます。ほとんどの治療は麻酔の必要がありません。

個人差はありますが、照射後に多少の赤みがでることがあります。
ただ、もし赤みがでた場合も殆どの方が数日中に消失します。

誤った波長やパルス幅のレーザーやIPLを用いた場合、確かにその可能性がありますが、レーザートーニングの場合はそれらによる治療とは異なり、肝斑を改善します。
皮膚への負担を最小限に抑え、メラニンのみに反応するため、適切な治療を行う限り肝斑を悪化させることは殆どありません。

最初の2回までは若干濃くなることもありますが、3回目から薄くなってくるのを実感出来るかと思います。
薄くなった後にまた濃くなってしまうことがあります。
効果を長持ちさせるために美白剤の外用と紫外線対策、定期的な内服をお勧めします。

QスイッチNd:YAGレーザーを使用した治療となりますので、IPL光治療器を使用したフォトフェイシャル(IPL)とは波長もパルス幅も異なります。フォトフェイシャル(IPL)では反応しなかったシミにも効果を発揮します。

こんな方におすすめ

・肝斑が気になる方
・しみ・そばかすが気になる方
・​お肌をトーンアップさせたい方


HQ4ハイドロキノン4%クリーム

しみ

気になるしみをピンポイント治療。ハイドロキノン高配合。

メラニン色素が沈着してできてしまったしみ・そばかすからキズや火傷などの炎症後にできる色素沈着などを改善します。

HQ4ハイドロキノン4%クリーム/料⾦

容量:1本5g¥3,000

HQ4ハイドロキノン4%クリームの特徴

使用目安
1日2回、洗顔後

トレチノインオイルジェル5gATRAC100(トレチノイン0.1%)

しみ

肌のターンオーバーを整え、美肌だけでなく、小じわやエイジングケアにも。

トレチノインは通常のビタミンAの約100~300倍の活性力があるビタミンA誘導体のことで、しみ、しわ、ニキビに効果的な塗り薬です。

トレチノインオイルジェル5gATRAC100(トレチノイン0.1%)/料⾦

容量:1本5g¥5,000

トレチノインオイルジェル5gATRAC100(トレチノイン0.1%)の特徴

使用目安
1日2回